ワンちゃんレーン
ワンちゃんレーン
ホーム > 注目 > 継続して葉酸を摂取することが大切

継続して葉酸を摂取することが大切

中々妊娠しにくい原因の1つとして体の血行の悪さを起因とした冷え性が考えられます。

 

そこで、冷え性を根本から改善する為に、食事療法を取り入れるというのが大切になってくると思います。

 

体を芯から保温する生姜や根菜などを意識的に食事の中に取り入れて、体を冷やす原因となる食品を食べないことも、自力で出来る最短コースだと思います。

 

葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。

 

葉酸は様々な食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。

 

あるいは枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。

 

このように葉酸を多く含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのは難しいということもあるでしょう。

 

特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。

 

そうした時にはサプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。

 

サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に摂取できます。

 

葉酸の摂取によって胎児の健やかな成長を促し、先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が科学的な研究によって、明らかになっています。

 

そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が勧告しているのです。

 

例えば葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。

 

また、こうした食品の中には特定保健用食品として、妊婦が利用する場合もあるようです。

 

ご存知の通り、亜鉛は妊活の鍵と言っても間違いない大事な栄養素で、男女ともに元気で健康な体を作ったり、生殖機能を高くするためにどうしても欠かすことができません。

 

食事の中でも積極的に取り入れ、足りない分をサプリメントで補給するのも良い方法です。

 

ホルモンの働きを男性・女性ともに活発にしてくれるので、不足しないよう注意する必要があります。

 

意外と、葉酸というのは妊娠初期のみ必要だと思われていますが、決してそうではありません。

 

妊娠中期から後期にも赤ちゃんの発育を促してくれたり、悪性貧血から母と子の身を守ってくれたり、妊娠中毒症を予防したりなど母子共に必要な役割をしてくれるようです。

 

だから、授乳が終了するまでは、継続して葉酸を摂取することが大切です。

外壁塗装 費用相場